絡んだ髪の毛がひっかからずに梳かせる♪現役美容師も使用しているおすすめヘアケアアイテム♪
スポンサーリンク

だからシャンプー&トリートメントジプシーになるんです

美容室
この記事は約4分で読めます。
この記事を書いた人
Yukimaru

静岡で小さな美容室を経営している現役美容師です。この『失敗回避no雑MEMO』は現役美容師ならではのちょっと変わった視点からの雑MEMOや。色々と個人的な勉強の雑MEMO、購入して良かった物の雑MEMO等思いついたことを雑MEMOしております。美容室のお話は専門的ですが、その他についてはあくまで個人的な勉強の雑MEMOなので軽い感じで読んでくださいね。

Yukimaruをフォローする

あなたも負のスパイラルに陥っています

多くの方が美容室やインターネット、ドラッグストア等で購入しているシャンプー&トリートメントですが、

あなたはシャンプー&トリートメントジプシーに陥っていませんか?

「ジプシー」とは
ジプシー(gypsy)という言葉は、一般的にはヨーロッパで移動しながら生活をしている民族名を指しますが、色々な地域や様々な団体を渡り歩く物を比喩する言葉として使われてもいます。

何故シャンプー&トリートメントジプシーに陥るのでしょうか?

結論から言いますと

負のスパイラルに陥っているからです。

ではこのシャンプー&トリートメントの負のスパイラルとは一体何か?

シャンプー&トリートメント選びの基準に原因がある

あなたがシャンプー&トリートメントを決めるときの基準はなんですか?

  • 成分?
  • 香り?
  • 価格?
  • 使用感?

多くの方がこの4つのうちのどれかを基準に選んでいると思います。

そしてこの中で【成分】【使用感】で選んでいる方は特に注意が必要です。

シャンプー&トリートメントジプシーになる方の多くがこの【成分】と【使用感】で選んでいる方に多いです。

今回はこの【成分】と【使用感】のうちの

【使用感】

で決めている方についてのお話をしていきます。

※【成分】で決めている方のお話は只今準備中です。

スポンサーリンク

シャンプー&トリートメントの負のスパイラルの法則

何故【使用感】で決めている方がシャンプー&トリートメントの負のスパイラルに陥るのか?

普通に考えたら【使用感】で選ぶのは当たり前だと思うはずです。

しかしこの当たり前に負のスパイラルの入り口があるのです。

一つ質問を致します。

あなたは美容室でカラーをしますか?もしくは自宅でホームから―をしてますか?

もしくはパーマや縮毛矯正、他にも髪の毛にダメージがかかることをしたりしていますか?

そしてもしそういったことで髪の毛がダメージをおってしまったらどうしますか?

美容室でトリートメントをしたり、自宅でトリートメントをしたりしますよね?

その時にシャンプーもできればしっとりしたりして手触りが良いとなお嬉しいですよね?

この当たり前の一連の流れがすでに負のスパイラルの始まりになっているのです。

  1. 髪の毛が傷む
  2. シャンプー&トリートメントで手触りを良くしようとする

この流れ自体は決して悪くありません、むしろ当たり前の流れです。

しかし

シャンプー&トリートメントで手触りを良くしようとする

ここに対するある間違いが負のスパイラルとシャンプー&トリートメントジプシーを

引き起こす原因になっているのです。

それは何か?

手触りの良いシャンプー&トリートメントほど髪の毛が修復できると思っていること

一体どういうことか?

あなたもこんなふうにシャンプー&トリートメントを選んでいませんか?
  1. 美容室でのカラーやパーマ、縮毛矯正で髪の毛が傷む
  2. 自宅のシャンプー&トリートメントで手触りを良くしようとする
  3. 1~2か月たったのでまた美容室に行き、カラーやパーマ、縮毛矯正をして再び傷む
  4. 今まで使っていたシャンプー&トリートメントの手触りでは徐々に不満になってくる
  5. また1~2か月たったので美容室に行き、カラーやパーマ、縮毛矯正をしてさらに傷む
  6. 今までのシャンプー&トリートメントではもう手触りが満足できず、もっと手触りの良いシャンプー&トリートメントはないかと探す
  7. 1に戻りループ

これが負のスパイラルです。

傷んだ髪の毛に対してもっと手触りの良くなるシャンプー&トリートメントはないかと

常に探している状態なのです。

あなたも心辺りはありませんか?

ではどうしたらこのシャンプー&トリートメントジプシーの負のスパイラルから抜け出せるか?

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました