絡んだ髪の毛がひっかからずに梳かせる♪現役美容師も使用しているおすすめヘアケアアイテム♪
スポンサーリンク

そのこだわり本当に必要ですか?

美容室
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いた人
Yukimaru

静岡で小さな美容室を経営している現役美容師です。この『失敗回避no雑MEMO』は現役美容師ならではのちょっと変わった視点からの雑MEMOや。色々と個人的な勉強の雑MEMO、購入して良かった物の雑MEMO等思いついたことを雑MEMOしております。美容室のお話は専門的ですが、その他についてはあくまで個人的な勉強の雑MEMOなので軽い感じで読んでくださいね。

Yukimaruをフォローする

あなたもしていませんか?こんな髪形のオーダー

あなたは普段美容室でこんな髪形のオーダーをしていませんか?

 

田舎美容師
田舎美容師

こんにちは〇〇様。本日はどんな感じに致しましょうか?

あなた
あなた

今日はこの画像みたいな感じにしたいです。

あっ!でも、顔周りの長さは輪郭隠したいんでこの画像よりも

長いほうがいいです。

 

他にもこんな髪形のオーダー

 

田舎美容師
田舎美容師

こんにちは〇〇様。本日はどんな感じに致しましょうか?

 

あなた
あなた

ちょっと最近顔がふっくらしてきちゃったから、

隠していけるように顔周りの長さ伸ばしていきたいです。

どうでしょう?あなたもこんなオーダーをしたことはありませんか?

こういったオーダーは美容室ではよくあるオーダーのうちの一つで、

実際に私もサロンワークの際にはよく受けるオーダーです。

ではお聞きします。

顔周りの長さを残して輪郭を隠したり、小顔効果を狙っているそのこだわりは、

本当に必要ですか?

そのこだわり生かされていますか?

実際に輪郭を隠したり、小顔効果を狙って顔周りの長さを残す場合、

次のような場合は顔周りの長さを残すこだわりはほぼ無意味になります。

  • 全体の毛先を後ろに流してしまう
  • 顔周りの毛も含めて縛ってしまう
  • 顔周りの毛をピンで止めてしまう
  • ワイドバング(前髪の幅が広い)

おわかりでしょうか?

上記は少し極端な例ですがどれも残したはずの顔周りの毛を、

自分で後方に持ってきてしまっているのです。

極端な例とは言いましたが、実際にサロンワークでも

「輪郭が気になるから顔周りの長さを残したい」

とオーダーを受けて、

「普段どんな感じでお手入れしてます?巻いたりとか、何かつけたりしてます?」

と聞いたら

「普段はずっと一つに縛っています」

という方は実は結構います。

あなたも心当たりはありませんか?

スポンサーリンク

「木を見て森を見ず」全体のバランスを考え隠す事よりも良い所を生かす

ではどうしていけばよいのでしょう?

コンプレックスは誰でも気になります、しかし

「木を見て森を見ず」

になってしまってはいけません。

輪郭やフェイスラインを隠す事ばかりにこだわって

全体のバランス

  • 顔型に対するバランス(ボリュームの位置をどこにするか?)
  • ライフスタイルとのバランス(仕事とプライベートの髪型の使い分けはしてるか?)
  • なりたい髪形とのバランス(顔周りにこだわってもなりたい髪形に近づけられるか?)

が崩れてしまっては素敵な髪形にはなれません。

どうしても輪郭やフェイスラインが気になる場合は、

こういったこともふまえて考えてくれる美容師さんに相談してみましょう。

コンプレックスというのは本当に気になります。

しかし思い込みが強いほど、

気にする必要のないほど小さなコンプレックスまで気にしすぎてしまう場合も多々あります。

そして必要のないこだわりがうまれてしまい、

必要のないこだわりによって髪形に自ら制約をかけてしまう。

実際にこんな方は非常に多いです。

あなたも是非もう一度考えてみましょう、

そのこだわりは本当に必要ですか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました