絡んだ髪の毛がひっかからずに梳かせる♪現役美容師も使用しているおすすめヘアケアアイテム♪
スポンサーリンク

カラーリング当日はシャンプーしてはいけない?

美容室
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いた人
Yukimaru

静岡で小さな美容室を経営している現役美容師です。この『失敗回避no雑MEMO』は現役美容師ならではのちょっと変わった視点からの雑MEMOや。色々と個人的な勉強の雑MEMO、購入して良かった物の雑MEMO等思いついたことを雑MEMOしております。美容室のお話は専門的ですが、その他についてはあくまで個人的な勉強の雑MEMOなので軽い感じで読んでくださいね。

Yukimaruをフォローする
あなた
あなた

今日はカラーしたからお家でシャンプーしない方が良いですよね?

日々のサロンワークでカラー施術後のお客様からよく言われる一言です。

もしかしたらあなたも今までに

『今日はカラーをしたので1日、2日位はカラーの発色が安定する機関なので洗わないようにしてくださいね。空気酸化と言って空気中の酸素と反応して色素が安しますので』

なんて説明されたことがあるかもしれませんが。

こちらも私Yukimaruは日々のサロンワークではこう答えます。

 

田舎美容師
田舎美容師

洗って大丈夫ですよ。カラーの反応はすでに完結しているので。

むしろ残留している物をできるだけ早く流したいので洗ってください

今日洗っても明日洗ってもカラーの退色に差はないですよ。

どちらが正解なのでしょう?

※縮毛矯正やパーマの場合も同じ質問がよくあるので下記記事も参考にしてください
スポンサーリンク

洗っても問題ありません

結論から言うと

洗っても問題ありません

こちらの方のブログがわかりやすいので参考にしてみてください。

ヘアカラーで空気酸化なんてしない! – 場末のパーマ屋の美容師日記 (do-s55.com)

※ちょっと一般の方には難しい内容かもしれませんが、美容師さんが今まで『洗わないでください』と言っていた理由はカラー後に空気酸化という現象が起こりそのことによって染料が安定し発色が続くというのは空想科学ですよ。なぜならカラーの発色は髪の毛の内部で起こっているからですよ。という内容になっています。

まとめ

カラーリング後に美容師さんが

『今日(〇日間)は洗わないでください』

と言っていた理由は

カラー後に空気酸化という現象が起こりそのことによって染料が安定し発色が続く

と考えられていたから。

しかし実際は

カラーの発色は髪の毛の内部で起こっているので、空気酸化という現象していなく空想科学なので洗っても問題はない

もしもカラーリング当日にシャンプーをして色が全て落ちてしまったりした場合は

染まっていない可能性や、髪の内部での発色が充分ではないので

※まずありえないことですが、カラーを塗って発色が始まる前に流してしまった場合などです

担当してくれた美容師さんに相談してお直しをしてもらいましょう。

こちらの記事も是非参考にしてみてください
タイトルとURLをコピーしました